デジタルサイネージとは

デジタルサイネージイメージデジタルサイネージとは、紙媒体による広告や新聞折込等に替わり、ディスプレイやプロジェクターなどを使って映像や情報を発信する次世代の電子看板です。

従来の広告媒体

  • 物理的な貼り替え・作り替えをする必要がある
  • 1枚〜数枚の静止画情報しか表示できない
  • 少ない面積で表示可能な情報は限られている
  • テレビCMでは細かい地域ごとの情報配信は困難

デジタルサイネージ - ブロードキャストサイネージ(単方向)

  • 通信ネットワークでリアルタイムに更新
  • 画面切替で多数の情報を発信
  • テレビCMの様に動画を流せるのでの様に動画を流せるので注目度大
  • 地域や店舗に特化した情報発信ができる

ブロードキャストサイネージでは

主に動画や静止画、テロップをスケジュールに沿って表示するサイネージです。コンテンツ更新方式はネットワーク通信や外部記憶媒体(USBフラッシュメモリやSDカード)を利用するものがあります。 不特定多数ではなく、近くにいる通行人に対してアピールしたい情報を発信できます。

デジタルサイネージ - インタラクティブサイネージ(双方向)

  • タッチパネルで利用者が欲しい情報を選べる
  • 携帯電話連携で利用者との情報共有
  • 検索機能やカテゴリ分けで更に多くの情報発信
  • タッチ回数や携帯連携回数で効果測定が可能

インタラクティブサイネージでは

様々な方式によるタッチパネル型のサイネージで、利用者が見たい情報を画面をタッチすることで選ぶことができます。 大量のコンテンツでも階層やカテゴリーで分かれているので欲しい情報をいつでも利用者主体で得ることができます。 利用者と双方向にて情報発信/共有を行うため、利用者嗜好の分析や時間帯分析ができます。

デジタルサイネージ - スタンドアロン

スタンドアロン(スタンドアローン)とは、デジタルサイネージ端末が単独で動作する状態を指します。
端末はネットワークに繋がっていませんので、端末のメンテナンスや各種設定の変更などは端末が設置されている場所へ行かなければできません。
一方で、ネットワークに繋がっていないため、ネットワークを介した情報漏えいなどは発生しません。

スタンドアロン型に向いている利用形態

スタンドアロン型は、コンテンツを頻繁に更新する必要がない場所に向いています。

  • 商品サイクルが長い商材を扱っている店舗内での利用
  • 一般向け工場見学の案内での利用
  • 観光地での観光案内
  • 社内でのマニュアル表示や作業手順の表示

デジタルサイネージ - Androidスティックサイネージプレイヤー

Androidスティックサイネージプレイヤーとは、Android4.2を搭載したスティック型メディアプレイヤーであり、TVなどのディスプレイについているHDMIに直接接続し、電源を入れれば即使用可能。
アプリケーション設定、Wi-Fiの設定等も事前にセッティング可能。

Androidスティックサイネージプレイヤーでは

  • HDMI入力機器に接続し、Androidアプリを利用
  • 電源が入ると自動で起動
  • Wi-Fiによるネットワーク接続可能
  • 付属リモコン/キーボード(別売)による操作が可能
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
大阪06-6220-4500
東京03-5785-6911
受付時間は平日9時から17時まで
Webからのお問い合わせはこちら
販売パートナー募集中!詳しくはこちらから

ご質問、デモのご依頼などお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ受付時間は平日9時から17時まで
大阪06-6220-4500
東京03-5785-6911
Webからのお問い合わせはこちら